☆ダイエットはトレーニングと食事指導の積み重ね

内臓、大切にしていますか?
内臓とは胃、肝臓、腸、すい臓、じん臓の5つの総称を指します。

その内臓をしっかりと機能させることによって、より痩せやすい身体になるということを知っているでしょうか?

ダイエットは、ただがむしゃらに食べる量を押さえ込んで、がむしゃらにトレーニングを積んでも効果はあまりありません。

あったとしても、それは健康を害するレベルのものとなり、本末転倒なダイエットといえるでしょう。

偏った食事ではなく、バランスよく食べ、身体と筋肉を良好な状態に保ち、そこから適切なトレーニングを行うことによって、はじめて効率よく脂肪を燃焼することができ、結果的に痩せることができるようになるのです。

つまり、ダイエットを成功させたいとなると、最低限身体が必要とする栄養源を摂取して、トレーニングを行うことが大切なのが分かると思います。

しかし1つ問題があります。

それは、トレーニングを頑張ってやり遂げた達成感から、少し気が緩んでしまう場合があるということです。

カロリーを燃焼してトレーニングを行うわけですから、運動を終えると必然的にお腹は空腹感をおぼえます。

ここで、比較的手軽に食べることができるフルーツなどを食べてしまうと、血糖値が上昇していき、結果、燃焼させた分を再度補給してしまうことに繋がるということです。

フルーツは食べ物の中でも、内臓に取り入れられるスピードが比較的早く、すぐに内臓脂肪へと変換されてしまうので、せっかく頑張ったトレーニングが水の泡、ということになりかねません。

「食べたい」という衝動が起こることはよく理解できるのですが、ここはグッとこらえて、プロテイン等を摂取することをオススメします。

プロテインは必要以上の余計なカロリーを摂取することもありませんし、筋肉生成にとても有効なため、筋肉を育て、脂肪の燃えやすい、代謝の良い身体を作っていくことができます。

ダイエットはトレーニングと食事指導の積み重ねです。

時には気持ちの面で辛いことも待ち受けていますが、継続していくうちに、自然と自分の中での習慣も変化し、少しずつでも身体が変化していくことを実感できるようになるはずです。

健康診断で問題が見つかったという人も、続けることで必ず良い数値を得られるようになるはずです。

諦めないこと。
続けること。

これがダイエットを成功させるために大切なポイントであることを肝に銘じておきましょう。