三大栄養素の役割について

三大栄養素の役割を知っているでしょうか?
三大栄養素とは、以下の3つを指します。

・たんぱく質
・脂質
・糖質

それぞれ見ていきましょう。

まずはじめに、たんぱく質とは、魚や肉、豆など、身体の筋肉や骨、皮膚を作るうえで欠かせない栄養素です。

次に、脂質とは、バターやナッツなどに含まれる栄養素で、ホルモンや細胞膜の成分になります。

最後に糖質とは、お米やパンなどに含まれている、人間のエネルギー源となるものです。

さて、ダイエットを行う際に、糖質を抜くことが最近の流行のようですが、ただやみくもに糖質を抜いてしまうと、最悪のケースで、死に至ることもあります。

夜ご飯にお米を食べないという手法は確かに痩せることはできますが、これもあくまでその日トータルでの必要最低限の糖質を摂取せずに行うと、翌日動くためのエネルギーを確保でき損なう可能性もあります。

また、体力の低下以外にも、集中力の欠如や思考にも影響する場合もありますので、極端に負荷のかかるような実践は控えたいものです。

「あぶら」と書く脂質ですが、こちらも肥満の原因となるとして、一切摂らないという方もいるようですが、脂質が極端に不足していると、お肌がカサカサになってしまい、美容面でも大きなダメージを被ることになります。

特に女性は、美しくなりたいという願望のもと、ダイエットに励んだものの、かえってその努力が逆効果になるということも考えられます。

痩せて健康を手に入れるために、努力することは素晴らしいことですが、あくまで日常に支障が出ない程度に留めておきましょう。

また、食事制限も、しかるべき運動と組み合わせることで、初めてその効能が生まれてきます。
偏った情報と偏った努力で、間違った方向に進んでしまわないようにしましょう。

パーソナルトレーニングジムは、トレーニングも食事も、あなたに一番最適なメニューを組み立ててくれるので、特に初めてダイエットに試みるという方は、一度ジムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。